地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)

愛媛県内就職・定住の促進プログラムの推進

愛媛県についての基礎知識や素晴らしい県内企業の紹介など、愛媛県をよく知り、将来の生活設計を考える教育プログラムです。大学での学習の進展に合わせて、3つのステップのカリキュラムから構成されています。学生は、必修科目と選択科目を合わせて5単位分の講義を聴講します。さらに包括的単位互換協定を結び、各大学の学生がこのプログラムを受講できるようにしています。

キャリア形成科目

愛媛県地域の地理及び歴史文化と産業の特徴の理解
  • 「愛媛学」(1年次、1単位)
  • 「社会力入門」(1年次、1単位)
  • 地域志向教育カリキュラムのベースとなる共通教育必修科目です。

全学生が愛媛地域の概略を理解するとともに、社会人として生きて行く意義を学びます。
愛媛県地域の企業情報を提供
  • 「キャリア形成セミナー」(2年次後学期、1単位)
  • 就職活動の開始前に、地域社会で働く事の意義を知り、今後の自らのキャリアを考えるきっかけとする科目です。共通教育科目の中に設けています。

地域の企業関係者や卒業生など、学外の方や学生に馴染みの深い方をゲスト講師として迎えることで、学生が愛媛県内企業をより身近に感じられるようになります。
県内就職を意識したキャリア設計
  • 「高年次教養科目」(3年次、1単位)
  • 地域で働く社会人の実態を地域の企業人とワークショップを行うなど、講義形式で行う科目です。

【 「大学コンソーシアムえひめ」の事業 】
  • 「コンソーシアムえひめ共同授業」(3年次、1単位)
  • 構成大学が連携して地域理解を増進する科目です。

  • 「コンソーシアムえひめインターンシップ」(3年次、2単位)
  • 愛媛県中小企業家同友会の協力を得て、愛媛県内5大学が中心となり、各学部の教育課程にインターンシップを取り入れた科目です。

いずれも共通教育選択科目です。学生は、これらの授業科目のうち2単位以上を履修します。

これらの科目を通じて、学生の県内就職を意識したキャリア形成を促進します。
※大学コンソーシアムえひめ・・・
愛媛県内の大学が相互に連携・交流し、愛媛県内の高等教育全体の質的向上に資するとともに、地域社会へ貢献することを目的としています。愛媛県内の国公私立11大学が参加しています。
eラーニングの導入(単位化はしていません)

愛媛大学共通教育センター、総合情報メディアセンター、就職支援課等が協力して、「県内企業紹介」、「業界研究」などのeラーニングコンテンツを開発しています。

  • 「愛媛学」(全学必修1単位)の最終回において、「地域志向型キャリア形成」の授業を実施し、愛媛の企業、医療界、農山漁業等をeラーニング教材として学生に提供
  • 地方創生の中心となる「ひと」の地方への集積を目的としている。

  • 「キャリア形成セミナー(仮称)」等の教材として提供
  • eラーニングコンテンツは本学で利用するほか、参加校へも提供し、相互利用が可能

包括的単位互換協定

愛媛大学、今治明徳短期大学、聖カタリナ大学、聖カタリナ大学短期大学部、松山東雲女子大学及び松山東雲短期大学(以下「協定校」)は単位互換協定を結んでおり、希望者は協定校の授業科目を履修することが出来ます。

※他大学と単位互換制度で履修した単位については、卒業に必要な単位に含まれる場合と含まれない場合がありますので、各学部の教育課程表(履修の手引)でよく確認してください。

【 愛媛大学が開講している授業科目 】

愛媛大学「地域定着促進」特別奨学金制度【愛媛大学校友会支援事業】

この奨学金は、愛媛県に就職し、地域の発展に貢献できる人材を確保するために、愛媛大学校友会からの資金援助を得て、愛媛大学が設立した制度です。この奨学金を活用して、愛媛大学の学生が愛媛県内に定住し、地域の活性化に貢献することを目指しています。

メニュー

事業概要

取り組み

講演会・シンポジウム

トピックス