地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)

COC+とは

「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」とは

  • 大学が地方公共団体や企業等と協働して、学生にとって魅力ある就職先の創出をする。
  • 地域が求める人材を養成するために、大学は教育カリキュラムの改革を行う。

地方創生の中心となる「ひと」の地方への集積を目的としている。

愛媛県の「COC+事業」
『地域の未来創生に向けた“愛”ある愛媛の魅力発見プロジェクト』

平成27年度に愛媛大学、今治明徳短期大学、聖カタリナ大学、聖カタリナ大学短期大学部、松山東雲女子大学、松山東雲短期大学の6大学が申請し採択された事業です。

本事業の取り組み

  • 地域が求める人材を育成するために必要な教育カリキュラムの改革
  • 様々なセミナー、インターンシップなどのキャリア形成事業の推進
  • 愛媛県を中心とした産学官民金連携による、雇用の創出

メニュー

事業概要

取り組み

講演会・シンポジウム

トピックス